読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅ジャーニー

Tabi Journey

羽田→サンフランシスコJAL搭乗記 日本航空JL2便

jal_jl2-1

はいどーも!アキラです。

いつもLCCな僕がJALに乗って来ちゃいました。

なんだか最近大手レガシーキャリアに乗る機会が多い気もします。

安全に移動出来ればキャリアはなんでも良いんですけどね。

 

さて、今回は羽田空港からサンフランシスコ空港までJL2便に搭乗してきました。

前置きはこれくらいにして、久々の搭乗記を書いていきます!

では写真多めで行ってみましょう。

チェックイン方法は!?

LCCではないので、特にチェッインをしておきましょう。等という細かいルールはありません。

もちろん、ウェブチェックインをすると座席を指定したり、搭乗券をメールで受信することが出来ます。

が。

ウェブチェックインをしていても、日本発の場合は必ずカウンターへ寄らなくては行けないのでウェブチェックインをする必要性はほとんどないでしょう。

フライト当日、空港のJALカウンターへ直接向かいましょう。

念のために公式HPを貼っておきます。

jal_jl2-2

JAL国際線の搭乗手順は下記の順になります。

 

①空港カウンターでチェックイン

 ▶カウンターに並んでパスポートを見せ、チケットを発見してもらう。このタイミングで預け荷物がある場合は荷物を預けます。

 

②セキュリティーゲートを通過

 ▶手荷物チェックを受けます。

 

③出国審査を通過

 ▶パスポートを見せ、出国スタンプを貰います。 

 

④搭乗ゲートを探す

 ▶チケットに印字されているゲートへ向かい登場時間を待ちます。

 

⑤時間になったら搭乗

 ▶アナウンスに従って搭乗します。搭乗時にパスポートとチケットを見せます。

預け荷物・手荷物の制限は!?

預け荷物は、エコノミークラス・プレミアムエコノミークラスは2個まで無料。

1個あたり23キロまでとなります。

jal_baggage

(JAL公式サイトより)

また、機内持ち込みの荷物は1点までとなっておりますが、

身の回りの品1点も大丈夫なので実質合計2点まで10キロ以内となります。

LCCではないので手荷物をとやかく言われる事はないでしょう。

念のため、機内持ち込みの公式HPもリンクを貼っておきます。

機内にお持ち込み可能なお手荷物 - JAL国際線

座席はどんな感じ!?

気になる座席ですが、めっちゃくちゃ良かったです。

というのも、今回もラッキーな事に、

エコノミークラスのいちばん前の席にアップグレードされました。

jal_jl2-27

まじで広いです。広すぎて足を思いっ切り伸ばすことも出来ちゃいました。

jal_jl2-4

かなりふんぞり返って座ってこれですw(足が短いかも知れないだけかもしれませんが。。)

さらに足を組んでみても余裕のスペース有り。これだけ広いと周りに迷惑が掛かりません。

jal_jl2-6

座席左側にはUSBスロットもありました。iPhoneとかAndroidの充電もバッチリ。

jal_jl2-7

さらにさらに。写真は暗いですが、足の下にはコンセントタイプもありました。

パソコンも充電出来ちゃいます。長時間フライトではこれあるだけで助かります。

jal_jl2-5

あとはモニターも完備。

一番前の席だと、前の席がないので、モニターは足の下からニョキッと出てきます。

jal_jl2-10

座席と設備周りはこんな感じで大満足でした。ちなみにクラス間は敷居が付いてます。

jal_jl2-28

この旅は手持ちが魚眼レンズだったので、こんなところでも大活躍。

jal_jl2-29

ファースト、ビジネス、プレミアムエコノミー、エコノミーとクラスがあるので、いつかは全席を制覇したいと思います。

 

機内食は美味しい!?

皆さんお待ちかねの機内食です。

正直、飛行機に乗ると日頃の疲れからか、、機内食をスルーしてでも寝続けたい人なんですが。

JAL機内食はレベルが違いました。

まじで起きててよかった〜!とw

まずは本日のメニューが配られます。

jal_jl2-8

1.鶏のうめ酢照り焼き。

2.白身魚アクアパッツァ風。

この2択。どちらも決めがたい選択肢ですが、注目すべきは付箋。

写真右下に「CA オススメ(^_^)」なんて付箋が付いているんです。

これが日系キャリアの

 

お・も・て・な・し

 

なるほどね。と関心しながらも、日本語だと外国人にはわからないだろうなぁ〜と。

そして僕の選んだのはこちら。

jal_jl2-9

1.鶏のうめ酢照り焼き。

オススメではない方の鶏にしましたw

こういう時に逆を選びたくなる性格なんです。。申し訳ありませんw

気になる味はとても美味しかったです。

ポイントとしては、

味噌汁があること!

ハーゲンダッツがあること!

この2点がJALらしさかと思います。

ハーゲンダッツは最初からオボンに乗ってきますが、これが食事中に溶けて、いい感じになった頃に食べれるのもきっと計算済みでしょう。

搭乗記録 

最後に搭乗記録をサラッと。

使用機材:Boeing 777-200

飛行時間:9時間10分

登場時期:2017年1月

搭乗区間:羽田→サンフランシスコ

 

よく飛行機に乗りますが、機材には全く興味がなく、、

正直良し悪しが全くわかりませんが、綺麗な新しい感じの機体でした。

まとめ

羽田空港からサンフランシスコ空港のJAL搭乗記いかがだったでしょうか。

なかなか乗らない航空会社でしたが、日系航空会社のサービスの良さを再確認しました。

でもぶっちゃけて言うと正直なところ。

「申し訳ありませんが〜」

「失礼致します。」

何かと話し始める前に謝っていたので、それはちょっと過剰サービスというか、なんだかなぁ〜という気持ちになりました。

アナウンスは丁寧で良いんですが、必要以上にアナウンスが多かった気もします。

とはいえ。

ご飯も美味しかったし、座席も広かったし、チャンスがあればまた乗りたいです。

(裏話的には、実はこの時。搭乗時間を1時間間違えていて、、空港に着いた時は搭乗時間30分前。。自分の凡ミスで乗り遅れる事は仕方ないと思い、覚悟はしていたんですが、間に合って良かったです。空港カウンターからゲートまで一緒に走って下さった地上部隊の方、まじでありがとうございました。。)

最後にもし、この記事が役に立った!面白い!と思ったら、BookmarkやSNSシェアして頂けると幸いです。ブログ更新のモチベーションに繋がり泣いて喜びます。

ではまた。ボンボヤージュ!

@akira_caでした。