読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅ジャーニー

Tabi Journey

わざわざ極寒ロシアで年越しイベントに参加してきた結果w

russia_2017-31

はいどーも!世界でいちばんロシアが好きアキラです。

今回は、ロシアはモスクワで年越ししてきました。

年越しと言えば、カウントダウン。イベント好きとしては血が騒ぎます。

世界中のイベントが大好きな僕が選んだ年越しイベントは、

モスクワの中心地である赤の広場

russia_2017-27

そもそも「くっそ寒い冬になんでロシア!?」って話ではあるんだけど。

年末の海外は高いですが、たまたま往復3万円のチケットを見つけたため。

www.akiraca.com

ということでいつも通り、即効ポチりました。

ちなみに以前にロシアを訪れた時は、ソチ五輪

僕のミーハーっぷりが半端ないですが、ミーハーでもわざわざロシアまでオリンピックを見に行ったり、年越しイベントのためだけに、ロシアまで行くミーハーはいないのでは!?

タダのミーハーではなく、ガチミーハーです。

(もちろん、ロシアン美女に会うためにも。)

前置きはさておき、モスクワの年越しイベントはどんな感じだったのか。時系列的にレビューしていきます。

モスクワのカウントダウン・年越しイベントってどうなの!? 

結論から言うと、モスクワの年越しは粗い。

www.youtube.com

映像から観たい方はYouTubeに動画を上げているのでこちらからどうぞ。

12月31日 14時 中国は広州に居た。

3万円の爆安チケットのため、広州にて一泊トランジェット。

www.youtube.com

フライトがディレイしない事を祈りつつ、14時のフライトでモスクワへ向かう。

モスクワには同日31日19:30着なので、少しでも飛行機が遅れるとこの時点でアウト。

russia_2017-1

ビクビクしながらも無事にほぼ定刻出発。

russia_2017-3

運がよくコンフォートクラスにアップブレードきた。

足が伸ばせるのはデカイ。

russia_2017-4

とは言え、10時間のフライトは長い。。

いつもなら。食べて、寝て、映画、のループを3回くらい繰り返さねばならない。。

russia_2017-5

が、今回は隣の席のロシア人と仲良くなり!

russia_2017-8

爆笑しながら、喋っていたら、一瞬でモスクワに着いてしまった。

しかも前後の席も巻き込むという異常なコミュ力を無駄に発揮してしましい、

修学旅行のような一体感が出て、くっそ楽しかったw

russia_2017-9

暗かったので画質は粗いが、こんな時のためにスマホに挟む、魚眼レンズを持っていて良かった。

これひとつあるだけで、いざという時に盛り上がりますw

この時点ですでにロシアくっそ楽しいw

12月31日 20時 モスクワ空港到着

そんなこんなであっという間に、モスクワへ到着。

日本時間的には、すでに機内で年越ししちゃってる状態。

russia_2017-13

取り急ぎ、急ぎ足で市内へ向かう。

russia_2017-14

空港のエアポート列車はロシアンデザインが全開だった。

russia_2017-15

めちゃくちゃカッコよい!

続いて、地下鉄に乗り換える。これが噂の核シェルター兼地下鉄。

russia_2017-16

撮影は禁止とか、禁止じゃないとかありますが、観光客はパシャパシャ撮っていました。

警備員さんも見て見ぬふり(写真消せ!と怒られる時代もあったそうですが)

おそロシア

12月31日 22時 赤の広場周辺到着

至る所にバリケードがあり、警察がいて通して貰えず、、

極寒の中、スーツケース転がし1時間くらい回り道する事にw

中々ホテルにたどり着けず、年越ししてしまう!!と焦りながらも、なんとかホテル着。

(後から聞いた話では、賄賂払って通れば良いとのこと。。)

荷物だけ置いて即効、カウントダウンイベント会場へ。

russia_2017-18

入り口ではセキュリティーチェックがありました。

russia_2017-6

セキュリティーは厳しく、お酒等全て没収されます。

見たことがなかったのか、モバイルバッテリーが取られそうになった。 

(これも後から聞いた話だけど、地元ロシア人は賄賂を払って持ち込みます)

まじおそロシア

12月31日 24時頃、いよいよカウントダウン 

気温はゼロ度。

予想していたよりは暖かかったけど、

まさかの雨。

russia_2017-19

カウントダウンでテンション上げるはずが、長距離フライトからのズブ濡れはテンションガタ落ちw

そんな中、いよいよカウントダウン。

3.2.1.ハッピーニューイヤー!

的なのを想像していたんだけど、

まさかのカウントダウンのカウントはなしw

そして、12時をまわっても何もおきず。

(ちょw まじ、何しにロシアまできたんだよ。と思っていたら。)

数秒後。。。

russia_2017-22

花火!

russia_2017-20

日本の花火と比べると、高さもなく勢いにはかける。。

russia_2017-21

会場の様子的には、花火が打ち上がった後、

さらに数秒のディレイで、うぇーい!って盛り上がってきました。

ただ、会場の一体感は全くなく、

各々で「うぇーいwうぇーい!」言ってましたw

russia_2017-23

そんな中、花火をやっている人達がいたので、混ざってみた。

russia_2017-24

子供が可愛い。

ちなみにいまさらサンタ!?って感じですが、ロシアのクリスマスは1月7日のため、年越し前からクリスマスムードだそう。

年越しから5分後

みなさん、即刻で帰宅の途に着いていましたw

もっと余韻楽しもうよ!!w

russia_2017-17

と思ったのですが、ガンガン帰っていきますw

一部、花火をしたり爆竹をバンバンやっている人達はいました(みんな賄賂で持ち込み!?)

特に何も起きそうにないので、僕もホテルの方へ戻りました。

russia_2017-10

ちなみに、こんな寒くて雨の中、シャツ1枚とレザーだけのロシア人がいて、お洒落ってこういうことかと。でも。

寒くないのかよ!

元旦、翌日

赤の広場に行ってみた。

russia_2017-28

薄々気が付いてはいたけど、僕達はメインの会場までたどり着く事ができず。

赤の広場手前の歩行者天国になっているストリートにいました。

russia_2017-12

もし、赤の広場の中まで入っていたらもっと違った経験になっていたかも。。

せっかくロシアまで行ったのに。。

russia_2017-29

メインの会場に入れなかった。。

russia_2017-30

Youは何しにロシアへ!?

場所・アクセス

ちなみに、カウントダウンイベントの会場である赤の広場はモスクワのど真ん中。

もう少し詳しく解説しておきます。

僕が居た場所はオレンジ色✕の場所。

交通規制で柵があるのは赤色の線。ここが18時頃に遮断されている。

moscow1

メインのステージは青色✕の位置。

最前線は赤の広場緑色◯の位置。

つまり、最前線で観たい場合は16時頃から赤の広場内にいる必要があります。 

時間に余裕があれば、16時よりももっと早くに着いていた方が安心。

持ち物

正直、体ひとつでオッケーですが。一応シェアしておきます。

まずは必需品

防寒具(ホッカイロ)

カッパ傘が持ち込めないので

気合い

・楽しむ心

僕が居た時は0度でしたが、マイナス20度になっても耐えられる事を想定しておきましょう。

あると楽しいもの

・よくわからないコスプレ(確実に注目を浴びる)

・ベタにサンタコスプレ(ロシアのクリスマスが近いため)

下記は持ち込み不可ですが、持ち込んでいる人多数。

・爆竹

・花火

・お酒

※チケットは要らないです(2017年現在)

まとめ

さて、ロシアの年越しいかがだったでしょうか。

ツッコミどころ満載で楽しいけど、カウントダウンに年越しの意義を感じてる人にとっては微妙な感じかとw

最後に、賄賂だらけのロシアン警察だけど、大勢並んでるのはカッコよかった。

russia_2017-7

ちなみに、ビクビクしながら、写真一緒に撮ろうと聞いたら断られましたw

最後に

ブログだけでなく、【ロシア旅行記】 と題して、YouTubeに再生リストを上げています。おそらく20本くらい、ロシアから始まり、ポートランドバルト三国フィンランドまでが、旅行記になっているので合わせてチェックお願いいたします。

もし、この記事が役に立った!面白い!と思ったら、ブックマークやSNSシェアして頂けると幸いです。ブログ更新のモチベーションに繋がり泣いて喜びます。

ではまた。ボンボヤージュ!

@akira_caでした。