旅ジャーニー

Tabi Journey

イギリスのオススメSIMカードはこれで決まり。データ通信し放題!?

sim_uk-9

イギリスのSIMカード事情について解説していきます。

ロンドンにて、全部自分の足を運んで調査してきた最新情報(2021/09現在)になります。

まずはイギリスで有名な通信会社を上げていきます。

日本で言うところのドコモ、au、ソフトバンク等と思ってください。

 

 ・3(スリー)

・O2(オーツー)

・EE(イーイー)

・Vodafone(ボーダフォン)

・Giffgaff(ギフギャフ)

 

これらの会社や選択肢があるという前提で紹介していきます。

日本でイギリスで使えるSIMカードを購入。

イギリス現地でSIMを購入するのも1つの手ですが、

実は日本で購入する方法が2つあります。

短期旅行の場合、手軽だしトータルで考えたら日本で買う方が安い。

1. AmazonでイギリスのSIMが購入可能!

この記事では、現地でのSIMカード購入方法について、紹介していきますが。

現地で買うのなんて、ちょっと怖い。。

到着してから探すのは、めんどくさい。。

なんて方もいらっしゃると思うので、日本のアマゾンで買えるリンクを先に貼っておきます。

たった990円で3GB使えるSIMカードになります。

値段は多少上下するので、アマゾン公式サイトにてご確認ください。

このSIMカードは3GBを最大90日間使えるSIMカードになります。

注意点としては、イギリスで買うよりも、ちょっとだけ割高にはなります。

データ通信専用なので、電話やテキストメッセージを送ることはできません。

日本で買える、手軽さと安心さを求めたら、無難な価格と選択肢の1つかと思います。

ただし、旅行で日数の制限ががるので、旅行で使う程度なイメージです。

 

現地で初期不良などにあった場合、販売元は日本のAmazonなので返品やお問い合わせも考えると微妙な部分はありますね。

 

前置きはこれくらいで、現地の情報に移りたいと思います。

 

SIMカードの値段

先に結論から言っておくと、現地でSIMカードを購入する場合。

O2(オーツー)もしくはThree(スリー)を選ぶと最低料金が1GB 10ポンドとなり、ほとんど料金は変わりません。

 

が。

 

中長期滞在もしくは、ヨーロッパを周遊する場合は、

旅行中に大容量使いたいのであれば、Giffgaff(ギフギャフ)をオススメします。

旅行だけでなく、中長期的に考えてもGiffgaff(ギフギャフ)の一択になります。これについては後ほど説明。

 

念のため、まずは全社分の値段の一覧を載せます。

全て旅行者が使える、プリペイドのプランになります。

プリペイドプランは、ご存知の通り、Pre-paid なので日本語に訳すと、先に払った分だけ使えるプランになります。

海外で使うと言えども、購入時に払った金額のみになるので安心ですね。

 

Three(スリー) 

sim_uk-12

安くてオススメ。Three(スリー)。日本語でという名前はややこしいw

10ポンド 1GB

15ポンド 5GB

20ポンド 12GB

25ポンド 30GB

35ポンド 無制限

現地で買うと安いが、日本のアマゾンで買うべし。

日本のAmazonも値段が下がってきました。

O2(オーツー)

sim_uk-10

ちょっと電波強め、1GBなら3と変わらない金額。

10ポンド 1GB

15ポンド 2GB

20ポンド 3GB

25ポンド 5GB

30ポンド 20GB

EE(イーイー)

sim_uk-6

電波強めらしいが高い・・

15ポンド 2GB

20ポンド 3GB

30ポンド 8GB

Vodafone(ボーダフォン)

sim_uk-11

懐かしい名前だけど高すぎ・・

10ポンド 500MB

20ポンド 4GB

30ポンド 20GB

下記のようなぱっと見は安いプランもあるけど・・・

sim_uk-8

これは現地の銀行口座を持っている人向けの契約プランです。

17ポンド 8GB

20ポンド 20GB

25ポンド 25GB

現地の銀行口座を持っていないと契約できないので、旅行での利用は現実的ではないかと。

giffgaff(ギフギャフ)

実店舗はなく、オンラインでの注文のみ。この通信会社が最安値。

ただ、旅行中(移動中)に購入するのは中々難しいかも知れません。

英語が得意な人であれば、日本もしくはイギリスの住所に配送してもらうのもありです。送料は無料。

 

大きく分けて2つのプランがあります。

何が違うかというと、ざっくり説明すると、ゴールデンは5Gが入ります。

もちろんお持ちのスマホが5G対応している必要があります。

世界的に5Gはまだまだなので常時5Gという訳ではありません(今度変わるかも?)

golden goodybags(ゴールデン)

10ポンド 10GB

15ポンド 25GB

20ポンド 100GB

35ポンド Unlimited data

続いて通常のプラン。

こちらは5G対応端末でない人もしくは5Gいらんでしょ、人の為のプランです。

More goodybags(モア)

6ポンド 500MB

8ポンド 3GB

10ポンド 8GB

12ポンド 12GB

15ポンド 15GB

20ポンド 80GB

25ポンド Always on(無制限)

そして、こちらのリンクからご購入いただくと、

なんと£10  → £5のクレジットが無料で手に入ります!

(※£10チャージした場合)

自分はO2をはじめに使い、次にThreefを使い、最終的にGiffgaffに辿り着きました。

他社のプリペイドSIMを購入してしまうと、チャージする時に、

お店に行かないとチャージが出来ません。

これはとてもめんどくさく、、、

ヨーロッパ周遊する方など、海外からチャージ出来ません。。

でもGiffgaffならネットでチャージすることができます!

これがめちゃくちゃ便利だし、金額も一番安いので、

Giffgaffを利用する事をオススメします。

 

SIMカード購入場所は?

どのSIMカードもロンドン市内であれば、どこにでもお店があります。

購入できるお店の検索方法としては、グーグルマップで「O2」「Three」等と検索するとすぐに見つけられると思います。

購入時に、パスポートなしでサクッと購入できましたが、

念のためパスポートは持参しましょう。

 

またSIMフリーの端末も店頭に持っていく事をオススメします。

日本で普段使われているスマートフォンを海外で使う場合は、SIMロックがされている場合がほとんどなので、

事前にSIMフリーのスマートフォンを調達するか。

SIMロックを解除しておいてください。

 

イギリスのSIMはアクティベート作業がほとんどなく、SIMを挿入して電源をオンオフすれば、自動的に開通します。(O2と3はそうでした)

ただ、繋がらないと怖いので店頭で購入し、

その場で繋がるかどうか、確認してもらいましょう。

 

空港でSIMカードは購入?

ロンドンのヒースロー空港ではSIMカードの自動販売機があり、誰でも購入することが出来ます。

sim_uk-1

が、空港料金になっているので少し割高です・・

大体10ポンドくらい高いです・・

ヒースローに限らず、他の空港でも同じ値段です。。

sim_uk-3

また、アクティベートも自分でしないといけません。

空港では助けてくれる専門のスタッフはいません

何かトラブった時には、他のSIMを買い直ししか選択肢はないので。。

空港での購入はあまりオススメしません、、

 

緊急の場合を除いて、市内まで移動してからSIMを購入することをオススメします。

 

留学生、駐在員、ヨーロッパ周遊にはGiffgaffがオススメ

旅行者や銀行口座を開設できていない移住者は、Pay as you goというプランを選択する事になります。

Pay as you go はいわゆるプリペイド式です。

足りなくなったデータ分をチャージする事をTop-Upと言います。

Top-Upというチャージシステムにて、1ヶ月毎にその都度、料金を払っていくイメージです。

Top-upは基本的にスーパー等のお店にいって、携帯料金を支払います。

料金を支払うとレシート的なバウチャー番号が手にはいります。

そのバウチャー番号を特定の番号に電話しチャージします。

まあこれが意外と面倒くさいですが。。

実は、Giffgaff(ギグギャフ)にしておくと。

日本発行のクレジットカードでもオンライン上で支払いが出来ます。

他の会社だと、インターネット上でTop-Upが出来ません(もちろんUKクレジットカードは可ですが、持ってませんよね・・)

店頭に行かなくて良いので、楽だし、簡単なのでオススメ。

ヨーロッパを数ヶ月周遊する場合も、ネットでチャージできれば安心。

 

プリペイド以外のプラン

先ほどちらっとお見せした、ボーダフォンのプラン等のことです。

年契約やなんちゃらプランは各々料金体系が異なります。

また自宅にインターネットを引く場合は抱き合わせにすると安くなる会社もあります。

 

ただ、何はともあれ。

 

イギリスに到着した初日からスマートフォンのSIMは必要だと思うので、

取り急ぎプリペイドのSIMを購入する事をオススメします。

また、自宅や通勤ルートでの電波状況が悪い場合もあるので。。

一旦プリペイドで契約し、様子を見るべきでしょう。 

 

イギリスのWi-Fi事情

続いて、イギリスのWi-Fi事情について。

正直、Wi-Fi事情はめちゃくちゃ悪いです。

カフェ(スターバックスなど)でWi-Fiはもちろんありますが、遅かったり、繋がらなかったりします。

仕事で使うことや、本格的に何か外で作業したい場合は日本からWi-Fiルーターをレンタルしていった方が無難です。

また地下鉄では携帯電話の電波が入らず、、

地下鉄の駅でWi-Fiはありますが、携帯電話番号を登録してから利用できます。

つまり、SIMがない状態では地下鉄の駅のWi-Fiは使えません。

 

まとめ

・短期旅行で現地SIMカードを買いたい場合は、日本のアマゾンThreeのSIMを購入。

・イギリスもしくはヨーロッパ内で、中長期的に使うのではあれば、Gifgaff(ギフギャフ)の一択。

・旅行や仕事でガッツリ使う場合は日本からWi-Fiルーターを借りるべし。

旅行中の写真をアップしたり、移動時間に動画とかみたりしたくなりますよね。

それに友人同士でもWi-Fiルーターならシェアできるので便利。

下記にお得なキャンペーンのバナーを貼っておきます。

あとがき的なあれこれ。

僕は最初O2を購入しました。しかし、オンラインでチャージできないこと。値段が高いこと。に後々気が付き、3に乗換えました、その後Giffgaffに。

 

最初からGiffgaffを選んでおけば、良かったものの。。。

 

ちなみに番号そのまま乗換えをしましたが、日本と違ってめちゃくちゃ面倒くさいです。。これについては別記事で紹介したいと思います・・

 

そしてロンドンの公共のWi-Fiには期待しないでおいてくださいね。

楽しいイギリス旅行、生活が出来ることを祈っています!

*アフィリエイトリンクを使用しています。

もし、この記事が役に立った!面白い!と思ったら、BookmarkやSNSでシェアして頂けると幸いです。ブログ更新のモチベーションに繋がり泣いて喜びます。

ではまた。ボンボヤージュ!

@akira_caでした。