旅ジャーニー

Tabi Journey

【手数料最安】イギリス・ロンドンでポンドを両替するにはどこがオススメ?

ryougae_pound-4

はいどーも!イギリスはロンドンに住んでいるアキラです。

今回は円からポンドに両替するのに手数料1番安い方法を紹介します。 

両替と聞くと、現地の両替所や銀行が思い当たるかも知れませんが、

イギリスでは日本円の価値はあまり高くないので、レートが悪いのです。

 

手数料が1番安い方法は、クレジットカードでのキャッシングです。

2番目に手数料が安い方法は、インターネット上で両替することです。

  

※円⇄ポンドのレートを計算できるサイト

※円⇄ポンドのレートをリアルタイムチャート

クレジットカードでのキャッシング

両替をするにあたって手軽なのでクレジットカードでのキャッシング。

キャッシングとは、クレジットカードを使って、現地のATMより現金を引き出します。

 

キャッシングと聞くと、お金を借りるようなイメージが先行するかもしれませんが、

海外でのキャッシングは世界一周の旅行者、旅慣れた旅人、世界中を飛び回るビジネスマンが日常的に行なっている方法になります。

 

キャッシング後は自動的に、クレジットカードの利用分と同じ日付に引き落とされます。

 

ただ、引き落とし日まで待っていると、キャッシング分の金額が日毎に上がってしまいます。

 

(とはいえ、数円の話ですが・・なんとなく損してる間はありますよね。

お金がなくて、借金している訳ではなく。あくまでも現地通貨がないから、一時的に借りている状況であって。)

 

そんなキャッシング分をクレジットカードの引き落とし日まで待たない方法もあります。

 

それは、 

 

キャッシング利用日以降にクレジットカード会社へ電話をし、振込でキャッシング分を早期返済するという方法です。

 

キャッシング利用日(現地ATMからお金を下ろした日)より日本へデータが反映されるまで数日かかります。

 

そのため、キャッシング利用日より1週間後くらいに電話をし、金額を確認し振り込みましょう。 

 

数日の海外旅行であれば、ちょうど旅行から帰ってきた時に、クレジットカード会社へ連絡し、キャッシング分を振込で返却事が可能です。

 

ちなみに、海外からでもSkype電話やIP電話050を利用すると日本国内から電話しているのとほとんど変わらない金額で電話をかける事ができます。

 

そして、オススメの両替(キャッシング)できるクレジットカードは楽天カード

 

 

マネパカードを使う

イギリスはカード社会なので、現金の出番はほとんどありません。

実際に住んでいて、現金を使うシーンは全くないです。

 

現地の方が使っている決済方法はクレジットカードです。

 

でも外国人である私たちが、

クレジットカードでショッピングする場合はちょっと注意・・・。

 

実は、海外でショッピングの際に、クレジットカードを使うと、

 

約1.6%の海外利用手数料が取られています・・・! 

 

でも安心してください。

この記事で紹介しているマネパカードを使うと。

 

実質半額の手数料になります。

(ポンドの手数料が約46%オフに!)

 

もし、出発前に1週間ほどの余裕があれば、マネパカードを作る事をオススメします。

すぐに出発しないといけない場合でも年会費は無料なので、取り急ぎお申し込みしちゃいましょう。

下記の画像からリンクで公式サイトに飛べます。

 手続き自体は約5分で作れます。

 

FXを使って両替

日本出発前にさらに余裕があれば、

FX口座を使って両替することができます。

 

クレジットカードでのキャッシングの場合、現地ATMで利用した際のレートになってしまうため、

 

良いレートで両替できない可能性もあります。

 

旅行程度であれば、そこまで変動はないので気にならないと思いますが。

留学や駐在など、中長期で滞在される場合に為替の変動が気になるかと思います。

 

そんな時はマネーパートナーズ等の口座を利用し、

FXを使って両替することをオススメします。

 

FXで両替した通過もマネパカードにチャージすることができます。

 

現地の銀行口座へ送金

すでにイギリスへ在住していて、現地に銀行口座がある人のみの方法になってしまいますが。

Transferwise/トランスファーワイズというウェブサービスを利用し、日本円をポンドにして送金することが可能です。

 

日本の銀行の送金サービスを利用すると、多額の手数料を取られてしまいます。

銀行にもよりますが、レートは悪く、手数料だけで3000円〜5000円取られてしまいます。

 

ところが、トランスファーワイズの場合、金額にもよりますが、500円〜1000円で両替することができます。

 

仕組みとしては、日本円からポンドに両替したい人とポンドから日本円に両替したい人のマッチングで事業が成り立っています。(あくまでもシステム上の話なので、自分でマッチングさせないといけない訳でないので便利)

 

銀行を介さないため、手数料がない。ということです。

トランスファーワイズの登録はこちらのリンクからどうぞ。

 

日本の銀行手数料がどれだけ高いかは参考までに。

みずほ銀行:海外送金手数料

三菱東京UFJ銀行:海外送金手数料 

ビットコインを使って両替

少しハードルが高くなってしまうかもしれませんが。

いま話題のビットコインを使って両替することもできます。

もちろんイギリスでのビットコイン口座が必要なので、日本のビットコイン口座とイギリスのビットコイン口座が必要になります。

また、イギリスでの貯金や資産をビットコインを介して、日本へ持ち帰ることも可能です。

日本出発前に口座だけでも作っておくことをオススメします。

現地で両替することも。

もちろんイギリスについてから、現地で両替することも可能です。

ただ、現地の貴重な時間を両替所を探しまわるのに使うのは、とても勿体ないです。

 

例えば、20万円をかけて10日間のイギリス旅行をしたとしましょう。

1日辺りの価値は約2万円です。

 

仮に、8時間を観光に当てるとしたら、1時間あたり2500円。。

実際にはイギリスには中々いけないですし、1時間あたり2500円以上の価値があります。

 

その貴重な時間を、現地で両替することに費やして欲しくない・・と思っています。。

現地で両替するデメリット

ロンドンで両替するデメリットとしては

 

・空港の両替所はレートが悪い!

・両替所を探す時間がもったいない!

・両替所を見つけても並んでる時間がもったいない!

・外から見える両替所が多いので、観光客と思われひったくり等のリスクが上がる!

 

という感じで、現地で両替をするメリットなんて何一つもありません・・

まとめ

ロンドンに限らず、どの旅行先でも、このようなデメリットとリスクが伴います。

旅行中は確実に使うお金ですので、時間も手数料も節約するために。

クレジットカードのキャッシグをオススメします。

もしクレジットカードを持っていない方には、

楽天プレミアムカードをオススメします。その理由は空港のラウンジが無料で使えるからです!

 

www.akiraca.com

 

もし、この記事が役に立った!面白い!と思ったら、BookmarkやSNSシェアして頂けると幸いです。ブログ更新のモチベーションに繋がり泣いて喜びます。

ではまた。ボンボヤージュ!

@akira_caでした。