読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅ジャーニー

Tabi Journey

イギリスビザが当選しました!

はいどーも!イギリスビザが当選したアキラです!

何事かというと。

毎年1月にビザの抽選会が開催されています!

uk_yms-1

去年は応募の際にキューバにいて、

Wi-Fiねえじゃああああーーーん!!やべーーー。。」

ってなりながら必死にネットを繋いでメールを送信した記憶があります。

(危うく時差で1日勘違いしていたんですね。いま思えば予約送信でよかったんだけどw)

イギリスビザはメールで応募出来るシステムですが、毎年48時間のみ受付。

そもそも一体なんのこっちゃ!?
ってお話かもしれないのでビザについてサラッと解説します!

イギリスのワーホリ!?YMSって?

今回僕が応募したビザは、イギリスのワーキングホリデーと呼ばれていますが、


正式名称はワーキングホリデーでなくYMS(Youth Mobility Scheme)と言います。

語学学校やインターンに行くことも出来ますが、基本的には仕事の為労働ビザ

毎年1月にメールでの抽選会があり、約1000名がランダムで当選します。

確率は約10分の1とも20分の1とも言われていますが、イギリスは人気だし、それより厳しいのでは、、という感じです。

18歳以上〜30歳まで応募出来るので、10年間応募し続ければ30歳までには1回当たるカモくらいな感じでしょうか。

ただ今年、2017年度よりマイナーチェンジがあり、

1月に800名、7月に200名の定員にしたそうです。

おそらく1月当選したけど行かない人の取りこぼし分として、7月に2次枠を設けたのではないかと。

常に状況が変わる可能性はあるので、詳しくは公式HPでもチェックしてみてください。

なぜ当たったのか?

ランダムで選出されるようなので、特にコツも何もありません。


強いて言うのであれば、、

uk_yms-2

単純に毎年応募していただけ。


ただこれだけです!

同じような抽選型で有名なのだとアメリカのグリーンカードがありますね。

あれも大真面目に毎年応募している人が当選しています。

もちろん1回ノリで応募したら当たった!ってパターンの人も多いです。

まあ、、そもそも論で。

宝くじを買うのは馬鹿らしい。

という確率論は頭でわかりますが。

でも、、されど宝くじも買わないと当たりません。

何事もどんだけ可能性が低くても、打席に立たねばホームランは打てません。

少しでも可能性があるのであればチャレンジすべきです。

(これに関してはチャレンジもなにもメール送るだけ。。)

ビザについてはインターネット上にこれでもかってくらい情報があるので、

知らなかった。

やり方がわからない。


なんて事はありません。ただ本気で行きたいと思っているかいないかのです。

システムによるランダムな抽出なので実力でない事は分かっていますが、

18歳の時からアンテナを張って、毎年応募し続けている人そうでない人では確実に差が出るはずです。

(こんな事を書いてはいますが、毎年発表時にはリアルタイムで友達と合否を見たり、Twitterで状況を検索して、死ぬほどそわそわしてます。。)

当選後の流れ

さてさて、ここからはビザ当選後の流れについて!


ビザが当選したと書きましたが、申請する権利を得ただけで正式なビザはまだゲットしていません。

まあ、、渡英歴は2回だけだし、特に問題も起こしていないので(捕まったとか、別室送りになったとかw)大丈夫だと思いますが。


タイムラインを自分で把握するためにもザクッとまとめてみました。

① 2017年3月30日までにオンラインにて手数料支払が必要

② 支払い日より90日以内に申請書を提出(ビザセンター)

 渡英予定日は申請の完了より6ヶ月先までに設定

というような流れです。

最大限に猶予を使うと2017年12月末まで渡英時期を調整する事も可能です。

意外にも検討する期間、準備する期間がありかなり良心的です。

普通にサラリーマンをやりながら、YMSが当選してから仕事を辞めて渡英予定を立てても大丈夫くらいな感じ。

ただ、ビザに関して期限をギリギリまで引き伸ばすのはちょっとリスキーな気もしますw

(何が起こるかわからないからねw)

で、アキラはどうするの?

結論から言うと、即は行けません。でも春に行きます!というスタンスです。


僕自身は、海外で働きたいので、新卒で入った外資系企業を入社3年目で退職します。という記事でも書いたように日本の仕事を退職済みで現在は海外就活中です。


先日Twitterにてビザが当たりました!とツイートしたところ色々な方から

「おめでとう!これからどうすんの!?」とリプを有難くも沢山頂きました!

本当にありがとうございます。


海外で働きたい僕にとって、もちろんYMSは応募していましたが、

当たらない前提でプランを練っていました。

一旦はアメリカに渡りますが、持ち札の中では確実にYMSが現実的かつ最高なビザなため、イギリスに渡る方向になるでしょう。

というのも。

・企業にビザオファーを貰わず、2年間の滞在ができる!

・人を雇わなければ個人事業も可能!

Twitterに投稿した動画がテンションが高いのもこれが理由です。

僕にとっては、いまでも夢かと思うような理想なビザなんです。

アメリカでは就活以外に色々と仕掛けたい事があるので、ちょっと今後のための種を蒔いてきます。

もちろん数か所のみ狙い撃ちでアメリカ就活も継続します。

アメリカ就活については僕が狙っていたH1Bビザというのがありましたが、

トランプ政策により給料の高い順に交付されるように制度が変わったためかなり絶望的です。

(そもそも99%くらい厳しかったので、正直YMS当選はマジでほっとしていますw)

まとめ

ビザが当たった時のツイートが1日でなんと約1000回再生されました!


いいね!の数が付くとフォロー外にも表示されているからかも知れません。

なんだかんだでまだまだTwitterすごい。。

いままで知らなかったような人がフォローしてくれたり、いいね!を押してくれたりもしてなんだかとても嬉しいです!

引き続き何かあればブログで発信していきます。

ではまた。Bon Voyage!!
@akira_caでした。