旅ジャーニー

Tabi Journey

セルビア第二の都市、ノビサドに行ってみた。田舎街に観光名所はあるのか!?

novisad_city-5

(2015/08/03)(2017/04/17更新)

今回はセルビア第二の都市である、Novi Sad(ノビサド)に行ってきましたアキラです。ノビサドは首都ベオグラードから西へ約1時間半の場所に位置しています。

 正直、行く前のイメージだとノビサドはめちゃくちゃ田舎。なにもないだろう。

あるのは有名なExitフェスティバルだけ。なんて思っていました。

 

が。

 

実際に行ってみると想像とは全く違いました。

「こんなにも良い場所!」

と少しでもノビサドの良さを伝えられればといいなと思います。

オススメ観光名所と見所

これと言って特にないのですがw

強いて言えば、ペトロヴァラディン要塞!

Exitというフェスティバルが毎年夏に開催されています。

 

観光名所がないと言えども、街並みがとても綺麗なので、歩いているだけで楽しかったです。

novisad_city-1(ペトロヴァラディン要塞)

ドナウ川には小さなビーチもあります。セルビアは海に面していないので、もちろん海のビーチではなく川のビーチです。

novisad_city-2

まあ、正直ちょっと川は臭いますが、普通に泳いでる人も!まあセルビアに限らず、結構沼でも川でも綺麗か汚いか関係なしに泳ぐ文化はありますよね。
ただ、砂浜に寝っ転がって日光浴をする分には最高。
老若男女が楽しめる観光スポットです。

novisad_city-12

街に1箇所しかないという、こんなお洒落なルーフトップバーもありました。

とはいえ、高い建物がないのでこれでも8階くらいの高さですw

novisad_city-4気候がめちゃくちゃ良かったので、とても気持ち良い!

そして安い。こんなお洒落な場所でも200円くらいでビール1杯飲めます。西ヨーロッパだったり、アメリカでこのクラスだと1000円はしちゃいますもんね。。

 

ちなみに、日よけのデカイパラソルは街の至る所にあります。

これ、実はビールのメーカーの名前が入っていて。無料でお店にプレゼントされるそうです。マーケティングが上手い。

物価

セルビアの平均所得は約3〜4万円と言われています。

平均所得からすると、かなり物価が安い事を予想していましたが、
観光で行く分にはファストフードやレストランなどは、日本よりちょい安いくらいでした。

novisad_city-6

それでも西ヨーロッパと比べたら爆安だし、東南アジアと比べてもリビングコストは安いでしょう。
ちなみに写真のようなオープンエアのレストランは、パスタ、ピザが6ユーロくらいでした。
 
ロケーションを考えたら安いですね。Exitの時期は値段を上げているということなので普段はもっと安いかもしれません。

novisad_city-3家賃はワンルームで、約150ドル(約15,000円)で10畳くらいのキッチン付きが借りれます。

光熱費は別ですが、約200ドル(約20,000円)あれば全てペイ出来るかと。

novisad_city-9

スーパーの買い物等、ローカルな生活費は日本の物価よりも安くなっています。

写真に映っているのは水。1.5リットルを50円くらいで買えます。

今回は旅行だったので深くはリサーチ出来ませんでしたが、実際に住んでみて、ローカルなモノを探せばさらに安いと思います。

 

あとは何と言っても、タクシーがめちゃくちゃ安かった。

市内ならどこへ行っても150-300円で移動出来ます。

 

電話するとUberもびっくりの5分足らずで迎えに来てくれますw

ちょっと電車に乗るような金額でDoor to doorで移動出来るのは良かったです。

 

カンボジアトゥクトゥクに乗る値段でタクシーに乗れる、、って考えるとおそろしい。。)

治安

危ないイメージが先行していたので。

ちょっと警戒しつつセルビアに行ったんですが、めちゃくちゃ治安が良かったです。

 

危ない雰囲気は一度も感じませんでした。

ノビサドに関してはホームレスの方、ストリートチルドレンなどもゼロでした。

 

ベオグラードの市内は観光していないので、なんとも言えませんが。

ターミナル周辺の感想としては、ベオグラードのバスターミナルは人がいっぱいいるし、明るいのでほぼ問題ないでしょう。

逆に電車の駅は、かなり暗くて、雰囲気的には治安悪いですw

novisad_city-10

ただ日本人の肌感覚での治安の悪さであって、たぶん実際はそうでもないらしい。

(現地の人も危なくないと言ってました)

 

ちなみに、電車の電気は消えてますが、中に人が乗っていて出発を待っています。

危なくないとは言え、これ1人だったらちょっと厳しいかもw
 
もちろん、油断は禁物ですが、ヨーロッパの中でもトップクラスの治安の良さではないかと思いました。

まとめ

百聞は一見にしかず。と言いますが、セルビアに関しては本当に、、危ないイメージが先行していました。
 
でも実際に行ってみると、
想像とは真逆でとてもファンシーな街でした!
 
世界中、いろいろな場所を見てきましたが、こんなに街がゆっくりとしていて、治安も良く物価も安いところは見たことがありません。
 
ということで、やっぱり自分の足を動かして全身で感じる事は大事だなと再確認。
それが旅行に行く1つの理由だったって事も思い出したり。

novisad_city-11

兎に角、ノビサド最高です!
 
本当にチャンスがあれば、いつか住んでみたいな〜!なんて考えています。
ただ唯一のネックはノビサドには空港がありません。。
なので、旅行が好きな僕にはちょっとあれかな〜。。なんて笑
 
ではまた。Bon Voyage!!
@akira_caでした。