旅ジャーニー

Tabi Journey

ロサンゼルスの家賃は1ヶ月いくら!?

la_house-2

はいどーも!2年間、ロサンゼルスに住んでいたアキラです!
今回はアメリカのロサンゼルスでは一体、どれくらい家賃がかかるのか!?について。

ロサンゼルスと言えば、ハリウッドやビバリーヒルズがあり、セレブが沢山住んでいます。ロサンゼルスのイメージ的には高そうな場所に感じますが、もちろん庶民向けの場所もあります。

そんなロサンゼルスの生活費をまとめてみました。家賃は上を見るとキリがないので、今回は留学生の家賃と仮定します。

家賃

留学生の家賃と言いつつも家賃は約250ドル〜1500ドルの幅があります。細かいエリアも含めるとキリがないので、部屋の種類別に区切って紹介していきます。

 

ルームシェア(250ドル〜400ドル)

格安ホステルやドミトリーのような部屋です。ひとつの部屋の中に2段ベットが2つ置いてあります。このよな部屋をロサンゼルスではRoomshare(ルームシェアと呼んでいます。

laバックパッカー旅行で数泊するならまだしも、毎日生活するとなると結構シンドいのがルームシェア。でも予算に限りがある場合は仕方がないので250〜300ドルルームシェアを探してみましょう。

実際、住んでいる人に話を聞くと、最初は辛いけど慣れてくれば全然気にならないとのこと。学生ならこれで良いかも知れません。もちろん一緒に住むルームメイトにもよると思います。仲良くなったり、相性が良ければ同じ部屋に居ても楽しく生活することが出来るでしょう。

 

また、写真のような2段ベットではなく、ひと部屋の中にシングルベットが2つ置いてあるような部屋もあります。それだと300〜400ドルくらい。シングルベットが2つひと部屋に置いてあるパターンはアメリカの大学寮でよく見られます。

アメリカの大学生活にドップリ使ってみたい方はぜひチャレンジしてみては!?もちろん、プライベートはほぼありません。。が。それもアメリカンスタイル。

キッチン、リビングルーム、バス・トイレは共有になります。キッチンとリビングを共有スペースなのは問題ないとして。大人数でのバス・トイレの共有は中々シンドかったりします。

 

②シェアハウス・シェアバスルーム(700ドル〜1000ドル)

プライベートな自分の部屋を持ちたい場合は700ドル〜1000ドルくらいの値段になります。一般的なルームシェアで一軒家やアパートを借りた時に僕の住んでいた700ドルくらいの部屋はこんな感じでした。

la_house-4

このアパートには、このようなベッドルームが3つとリビングルームがあり、3人で暮らしていました。この写真だとあまりスペースはありませんが、約8帖くらいの部屋。

このベッドがダブルベッドのロングサイズでかなりスペースを取っていましたが、それでもクローゼットと床にはスーツケースを2つ開けるくらいのスペースはありました。

いちばん無難な値段かつ、生活レベルも悪くない部屋だったと思います。もちろんキッチン、リビングルーム、バス・トイレは共有でしたが、3部屋中の1部屋がマスターベットルームだったので、実質2人でのバス・トイレの共有でしたので大きな問題もありませんでした。

 

③マスターベッドルーム(950〜1200ドル)
続きまして、Master Bedroom(マスターベッドルーム)について。マスターベットルームは、自分のベッドルームに専用のバスルームが付いている部屋の事を呼びます。

la_house-5写真が少し粗いですが、左奥にシャワーとトイレがあります。完全に自分専用のバスルームです。もちろん②のような普通の部屋よりもさらに値段は高くなり、950〜1200ドルになります。マスターベットルームは他の部屋よりも広めになっている場合が多いです。

 

④スタジオ(1500ドル〜)

マスターベットルームよりも高い金額、1500ドルくらい出すとStudio(スタジオ)というタイプの部屋を借りることが出来ます。これは完全に1人部屋です。日本のひとり暮らしをイメージしていただくと良いでしょう。

la_house-1アメリカでは1人だけで住むのはあまり一般的ではないので、スタジオタイプの部屋を探すのが少し大変なのと、やはり値段が高いです。あまり留学生には向いていません。

部屋を借りるときのチェックポイント

実際に部屋を借りるときのチェックポイントを箇条書きで紹介します。

 

毎月の支払い方法の確認

(Checkと呼ばれる小切手で支払うのが一般的)

デポジット金額の確認

(日本のように礼金はありませんが敷金として1〜2ヶ月分の家賃を入居時に支払います。基本的には返ってくるのでご心配なく)

・光熱費の確認

(Utilityと呼びますが、これは誰が払うのかの確認。ついでにWi-FiやTVの契約状況も価確認出来れば良し)

・駐車所の有無

(ロサンゼルスは車社会なので車がある方は要チェックポイントです。パーミット式のストリートパーキングだとちょっと面倒くさいので注意)

・退去届日の確認

(基本的に1ヶ月前に通知すれば退去出来ると思いますが要チェック)

・契約状況の確認

(自分が引っ越す場合、後続の人を自分で探す必要があるかないか確認)

・部屋のダメージ確認

デポジットを払っているので自分の入居前にあるダメージかどうかチェック。念のため、写真を撮っておくと安心です。)

・ハウスルールの確認

(これも結構大事で、パーティー禁止とか、来客禁止とか、ルームメイト同士でルールを作っていたりします)

・ランドリー・ゴミ出しの確認

(一般的な事ですが、ランドリー・ゴミ出しの場所や時間も把握しておきましょう)

 

色々とチェックポイントを書きましたが、基本的にはルーズな感じだと思うので。。

あまり気負いせずに気に入らなかったら引っ越すくらいな感覚で部屋探しをした方が良いでしょう。

まとめ

ロサンゼルス時代は2年間で何度か引越ししていました。ルームシェアもしたかったし、ホームステイもしたい、学校の側に住みたい!とかで。

色々と辛いこともありましたが、意外と住んでみると1ヶ月くらいでどんな環境でも慣れてきちゃったりします。まさに住めば都と言った感じです。

なので、いま思うともう少しストイックな環境で逞しく生活しててもよかったかな!なんて思っています。ドミトリーみないな部屋にずっと住むとか笑

家探しは本当に大変ですが、通学・通勤で渋滞にハマってしまう時間は勿体無いので、一つアドバイスできるとしたら場所だけは妥協せずに選び、徒歩で通勤・通学出来るような場所に住むと良いと思います!

 

ではまた!Bon Voyage!!
@akira_caでした。